借りたお金を上手く返済する方法 - お金を借りる時のQ&A

お金を借りる時のQ&A > 借りたお金を上手く返済する方法

借りたお金を上手く返済する方法

お金を借りること自体ははすごく簡単で、少し頭を下げれば貸してくれます。
知人友人からお金を工面する時でも正直に事情を話せば、断られることもないでしょう。
しかし問題は返済で、約束期日までにお金を返すのは意外と難しいものです。
ではどうやって返済をすれば良いのか、その方法について探ってみましょう。

まず当たり前の話になりますが返済期日を必ず確認して、忘れないようにカレンダーやスケジュール帳に記入します。
人間はどんなに覚えようとしても時が来れば忘れるもので、後になって思い出そうとしても中々上手くは行きません。
ただ万が一忘れてしまったとしても、後で何とでもなるのならばそこまで深刻にならなくても良いでしょう。
しかし返済期日を忘れてしまったが為に返済が遅れてしまうと、とんでもないことになってしまいます。
絶対に何があっても忘れないようにする為にもきちんと確認し、メモをするようにして下さい。

そして返済期日を確認したのならば、次は支出額を割り出します。
割り出した結果返済に充てられるお金の確保が難しいと判断したのならば、削れるところは無いかどうか見定めます。
借金があるにも関わらず、無駄遣いをするのは言語道断です。
見直した結果それでも削れる所が見当たらなければ、貸した側と交渉して返済期日を延ばしてもらうしかありません。

もし消費者金融から銀行から借り入れているのならば、任意整理か債務整理を敢行することになるかと思います。
方法はその時の状況次第になりますが、1つの方法として貸した側と交渉し返済期日を延ばす場合があります。
ただし任意整理や債務整理は、なるべくなら避けておきたいものです。
時には弁護士の力を借りなければならないので、余計に負担を感じてしまいます。

お金を借りる時は返済のことをしっかり頭に入れてから、利用するようにするしかありません。
何処でどういう形でお金を借りるにしても、「借りたお金は必ず返済すること」が絶対的な条件となっているのです。