キャッシングとカードローン - お金を借りる時のQ&A

お金を借りる時のQ&A > キャッシングとカードローン

キャッシングとカードローン

お金を借りる手段として個人向けローンには主に、「キャッシング」と「カードローン」の2つの種類に分かれます。
どれも事前に審査を受けてカードを作れば、いつでも好きな時に現金を引き出すことが可能です。
しかしお金を借りる方法については基本的には2つとも同じですが、具体的に何がどう違うのでしょうか。

キャッシングは主に消費者金融が取り扱っている金融で、小口融資が基本となります。
幾らから借りられるかは業者によって大きく変わりますが、ほとんどは1万円からの利用となっています。
またクレジットカードに付帯しているキャッシング機能も、一種の"キャッシング"です。
クレジットカードがあれば国内だけでなく、海外のATMからでも現地のお金が引き落とせるのでとても便利です。
上手く利用すれば現金をそのまま換金するよりも効率が良いので、海外によくいく人であればかなり重宝するでしょう。
しかし金利が少々高めに設定されており、返済が長引けば長引いた分だけ負担は重くなってしまうので要注意です。

一方カードローンは、キャッシングのような小口での融資は受け付けていません。
最も少ない額でも、10万円からの利用がほとんどです。
ほんの少し現金が入用となると些か不便ではありますが、その変わり数百万円とかなりの額を借りることが出来ます。
キャッシングでも数百万円単位と借りられる所があるものの、最初から大金を借りることは出来ないでしょう。
また金利もキャッシングと比べると低く設定されており、大きな負担に感じることもありません。
ただし返済が長引けば長引くほど、かかる負担はキャッシングと同じです。

ちなみに審査の具合は、一般的にはキャッシングの方が通りやすいと言われています。
でも今は銀行カードローンの方が通りやすくなっているという話もあるので、ハッキリしていないのが正直な所です。
噂に惑わされず、確かな目を持って利用するようにしましょう。
ただどちらを使うにせよ、期日が来れば必ず返済することについては共通しています。